都市部への集中

現代の世界においては、さまざまな病気が明らかにされています。
病気の中には適切な処置をとれば治療できるものも非常に多いものですが、その適切な処置には医師の判断、場合によっては医師の手による処置が必要となるケースも多く、健康な生活を送るのに医師は必要不可欠であるといえます。
医師を必要としている「医療現場」と呼ぶべき場所は日本の各地に存在していますから、医師は日本のすべての土地に存在しているのが、本来であれば望ましい状況です。
ですが現実的には現在の医療現場が抱える問題は非常に多く、中でも特に問題となっているのが「医師の都市部への集中」です。
人口が多く一定以上の発展を見せている都市部であれば十分な数の医師がいますが、そうではない「田舎」と呼ばれるような地域には慢性的な医師不足が発生しています。
ではなぜ「医師不足」の問題を抱える医療現場が存在するのかというと、これはいくつかの原因が考えられます。
まず最たるものとなるのが「医師を確保し、維持する費用がない」ということです。
医師をひとつの病院が雇い続けるには、当然ながら給料がかかってきます。
ですが医師という職業は専門性が高く、それだけに需要が高い職業です。
そのため平均的な給与も高額であり、給与を支払うだけの体力が存在していない地域などは、都市部と比較すると少ない医師しか雇うことができないのです。
加えてこの「多くの医師を維持できない」という問題は、医師不足の医療現場の現状をさらに悪化させる要因ともなりえます。
それが「苛酷な労働環境」です。
本来であれば三人の医師で対応するべき患者の数を一人で対応するというといったような状況もごく当たり前のように発生するような環境が構築されてしまっている以上、そこで働いている医師は苛酷な労働環境に身をおかざるを得ません。
そのためより条件の良い都市部の医療現場へと医師が流出し、医師不足の状況が加速してしまうのです。
現在では公共団体が医師を雇用する費用を負担する、さまざまな補助制度で医師をつなぎとめるといったような努力がとられていますが、現状ではまだ対策が十分に行われているとは言えません。
地方においては医師の流出を防ぐ対策がより必要とされているといえるでしょう。