医師ってお金持ちってわけでもないんだね

一般的に、医師は「お金が儲かる職業」として知られていますが、実際はちょっと複雑な事情があります。 今、「医師不足」が大きな問題となっていますが、実はこの医師不足問題は、「医師はお金が儲かる」というお話と密接なかかわりがあります。 「医師」は「勤務医」と「開業医」の2種類に大別することができ、前者は大学病院や総合病院などに勤務する医師、後者は自らがクリニックや診療所を開くタイプの医師を指します。 勤務医は、急患や手術の対応などで激務をこなす必要があるだけでなく、病院自体が僻地にあり、そのうえ賃金も低い、という「苦労の多い医師」であるのに対し、開業医は、その多くが単科の病院であるため対応範囲が狭く、勤務医ほどの「激務」にはなりません。 しかも、利便性の高い都市圏で開院すれば、より多くの患者さんと収入が見込める、というわけです。 「人の命を救う」という尊い使命をもつ医師とは言え、その収入の差が医師不足に直結してしまう、という厳しい現実もあるのです。