医師不足なんて嘘だと思ってた

高齢者社会と呼ばれる現代で、医師と病院はなくてはならない大切な存在です。
しかし、現役医師の年齢も年々あがり退職する中、医師不足が問題になっています。
医師が少ないということは、医療現場は火の車という事になります。
医師の数に対し、患者はどんどん増えています。
それをさばくには、自身の体に鞭打って働き続けるしかありません。
命はかけがえのないものであり、失敗は許されません。
しかし、現状ではどうしても医師が無理せざる終えず、疲労困憊状態で働いていればミスが起きる確率も高くなります。
医療現場は患者以上に働き手の苦労があるのです。
そして、一生懸命仕事をしたとしても、もし手術が失敗すれば場合によっては訴えられてしまう事もありえます。
これからは医療専門の司法機関が必要で、医療実態への理解度の低さをどうにかしなければいけません。
また診療報酬を削減しすぎたことも原因に挙げられます。これらを見直していくべきでしょう。